1. TOP
  2. 観光
  3. すさみ町からクルージングで白浜まで!三段壁を千畳敷、円月島を船から望む。

すさみ町からクルージングで白浜まで!三段壁を千畳敷、円月島を船から望む。

 2018/08/08 観光
この記事は約 6 分で読めます。 2,101 Views

2018年8月上旬、第8大洋丸船長に漁船に乗せてもらいすさみ町から白浜までクルージングしてきました!

目的はカメラマンが乗船し白浜までの海岸線、観光地の写真を収めるためで、船長のご好意でお誘い頂けたのでついでの乗船をさせて頂きました。

すさみ町に移住して半年くらいですが、いろいろな方のご好意に預かり感謝しております。

すさみ町~白浜までの距離

まず、コースですが、すさみ港を出て白浜の円月島までの約25kmほど。白良浜あたりと言ったほうがわかりやすいかもですね。漁船だとゆっくりで往復3時間くらいです。

初めて漁船に乗らせてもらう

さて午後1時出発の時間です。漁船に乗せてもらうなんてのは初めてで、ワクワクとドキドキとやや緊張しています。

こういった小さな船に乗るのはほんとに数十年ぶりかもしれず、揺れが相当あるだろうからと事前に酔い止めの情報をいろいろとチェックしておりました。

酔い止めにはコーラがいいらしい

ということでネットで調べているとコーラが効く、炭酸が効くとかでコーラを持っていきました。しかし、酔い止めのアネロンも飲んでいたので結局酔わなかったのですが、どっちが効いたのかわかりません。

酔い止めには諸説ありまして、サングラスをかけて視界に入るものを少なくするや、遠くを見るや、ツボを押す、食べ過ぎて乗船しないなどいろいろ。事前に全部調べてたいていのことは対策していきました。

稲積島を後ろから眺める

※稲積島を眺める長野船長

普段は陸地からしか見ていない稲積島。

今日は海側、裏側から眺めることができました。今までとはちょっと違う景色で感動。これ、漁師さんは毎日見ている景色なんですね。

ちなみに写真の黒いTシャツの方が長野船長です。漁師&遊漁船などをされているので船の上で過ごす時間が長いため、これが当たり前の光景で当たり前の日常なのです。

そのため、揺れている船の上で手すりも持たずに普通に立っていたり、まったく転けそうになる気配がありませんでした。

長野さんの体幹恐るべし。

すさみ町で船から釣りをしたいなら長野船長に頼みましょう。

第8大洋丸公式サイト

⇒http://taiyou8.com/

カツオがよく釣れるという岩

そして、稲積島のすぐそばにあるカツオ岩。

この周りはカツオがよく釣れるそうです。こんな岩があったのを初めて知りました。陸地からはほとんど見えません。

また、ところどころブイがあり、旗が立っているところはダイビングスポットだそうです。すさみのダイビングといえば「クラブノアすさみ」さんがありますので、海中ポストへ行きたい方、ダイビングをしたい方はノアすさみさんに問い合わせてみて下さい。

日置川~椿の海岸線

日置川の町並みを見ながら船は進みます。この日は天気が曇りだったり少し晴れ間が出たりだったので日置川~椿あたりは遠目で見た感じです。あまり写真がなくてすみません。

近寄ると結構面白い造形が見れたりします。

今日は凪の日ではありますが、それでも結構波はあります。船首の方にいるとドカンドカンと船が上下に揺れます。

最初はこれで3時間はきついかもと思いましたがだんだん慣れてきて写真を撮ったりなど余裕はありました。

※オレンジ色のベストは私です。

本日のメインカメラマンは森さんです。普段はすさみの自然の景色、星空やホタルなどたくさん綺麗な写真を撮られています。この記事も森さんの写真を使用させて頂いております。

森さん主催ですさみフォトクラブ フォトコンテストなども開催しておりますのでよかったらご参加下さい。

⇒https://www.facebook.com/Susami-Photo-Club-photo-contest-1653199384802826/?hc_ref=ARSW5wZbt9ih0d0mJSOsQDj6s_-H3El9NzqKl6hFhdRjrp9hCmaiPr6BYKdIjeGQ6GY&fref=nf

 

白浜周辺に到着

出発から約1時間くらいで白浜周辺に到着。まずは三段壁が見えます。穴が空いている部分が三段壁洞窟です。

上の建物からエレベーターで洞窟まで降りることができ、洞窟内を見ることができます。

詳細はこちらの公式サイトにて

⇒http://sandanbeki.com/cave

外側から見れることはあまりないので感動です。

今日のコースは和歌山のジオパークを堪能できるコースでした。

※ジオパークとは

⇒ジオパークの解説(白浜町)

こちらも観光地としては有名な千畳敷です。家族連れ、カップルらしき方々がたくさんいました。

手を振ってみたけど反応なし。遠いし、こっちは観光船ではなく漁船ですからね。

白浜のホテル群を海から望む

お盆の時期なので、白良浜は人でいっぱいでした。夏休みですね~

さて、最終目的地の円月島です。

島の中央に円月形の海蝕洞がぽっかり開いていることから「円月島」と呼ばれ親しまれています。

⇒和歌山県観光情報 円月島

真ん中に丸い穴があるので円月島なんですが、普段は見ることのできない反対側から見れました。陸側へは漁船で行くには浅いので危険ということで外側からの景色です。写真で見ると陸と同化してちょっとわかりにくいですね。

※別の日ですが、陸側から見た円月島です。

陸側から見た方が海が背景で様になりますね。ここは夕日がとても綺麗な場所ですので、よかったら車で行ってみて下さい。写真撮影スポットに駐車場もあります。

すさみ町から白浜までクルージングのまとめ

今回は第八大洋丸の長野船長に船に乗せて頂き感謝致します。

すさみ町に何十年も在住の方でもなかなか漁船に乗って海から景色を見ることはないそうですので、乗船者みんなが楽しめたようです。

私も初めて和歌山の海岸線を海からの景色を見れて感動でした!そして、たまにイルカの群れにも出会うそうで今回は見れませんでしたがイルカも見れる日があるそうです!

今回はクルージング、撮影目的ですが、船長は合間に鳥の群らがる海へ釣り竿を向けルアーで釣りをしていました。この(素人目には)荒れ狂う海に向かってこんな感じで手すりも持たずにシュン!っと釣りをする姿はただただかっこいいの一言。

※釣りをする長野船長

時間がほんのちょっとだけでしたので、あいにく、今回は魚は上がりませんでしたが釣れていたら海素人軍団は大喜びだったことでしょう。

約3時間という乗船時間、結構波に揺られて大変でしたが、大海原の景色と海岸線の景色をすごく楽しめました。

私は帰り道は波の揺れとエンジンの音が心地よくて、横になって熟睡してしまいました。

こんなに心地よい眠気は久しぶりで、あれだけ揺れる波の中で寝てしまいました(笑)

すさみ周辺の海はこのように、とても造形が面白いのでぜひクルージングなど楽しみに来て下さい。運がよければイルカやクジラが見れるそうです。

すさみ町でクルージングなら

クルージングを予約したい方はすさみ町観光協会のサイトでご確認下さい。

http://www.aikis.or.jp/~susami-k/syukuhaku/turi_diving.htm

また、観光協会でイベントがありまして、2018年8月18日(土)、(日)は1回たった1000円で60分のクルージングに参加できます。これは大変お得なイベントですので、お日にちが合えばぜひご参加下さい。

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

すさみ移住ライフの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

すさみ移住ライフの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ヤナギ

ヤナギ

2018年3月にすさみ町に移住
WEB広告、HP制作、WEB集客などの仕事をしています。
趣味は旅行にアウトドア。自転車で過去には日本一周したり、山登りでは日本100名山を登ったアウトドア派です。すさみ町は素敵なところなのでよいところを発信していきたいと思います。★すさみ市役所にもやなぎさんがいらっしゃいますが別人物です。

この人が書いた記事  記事一覧

  • 2019年の佐本市 カフェフォノの季節がやってまいりました。

  • 2019白浜トライアスロン観てきました。

  • 古座川七川ダム湖畔でお花見2019

  • すさみ町の田舎で農業体験

関連記事

  • すさみ町の田舎で農業体験

  • すさみ町にランチにちょうどいいピザ屋がオープンしました。

  • 移住者と地元の人による初のイベント「つながる市」開催までのストーリーまとめ

  • すさみ町で農業体験企画中

  • 和歌山県すさみ町に移住して来て感じたこと 田舎と都会の違いをブログにまとめました。

  • すさみ町佐本のカフェフォノさんに行ってきました。